キャリーバッグも良いけれど

旅行といえば、荷物は必ずキャリーバッグで運ぶという人は多いのではないでしょうか。確かにキャリーバッグはコロコロが付いているので重たい荷物はラクラク運ぶことができますし、ちょっと立ち止まって休憩するのにも最適です。しかも、荷物が増えれば持ち手に付けられるバッグまであるのですから、帰りにお土産で荷物がどんなに増えようがそんなことはお構いなしです。でも、自宅から出れば、階段しかない場合は意外とあるものです。そんな時にはキャリーバッグ分の重さを持ち上げなくてはなりません。また、バスに乗るのに混んでいる場合など、いちいち預けるというのもかなり面倒だったりはしないでしょうか。そう考えてみると、結構デメリットがあるともいえそうです。

リュックってこんなに便利!

その点、リュックは非常に身軽に移動できることが最大のメリットだといえるでしょう。何しろ背中にしょっているわけなので、たいていは両手が自由に使えてそれだけでも非常に便利です。多少の距離を歩こうとも、荷物が背中にあるというのはそれほど負担になりなかったりします。バスだってすぐに乗車して座席まで行けますし、キャリーバッグでコロコロするのはちょっと辛い雪の積もった道路も何のそのです。特に豪雪地帯への旅に出るなら、リュックが大活躍してくれること間違いありません。キャリーバッグならエレベーターやエスカレーターを探すところを、リュックなら階段でもすいすい進んでいくことができます。身軽な旅にはリュックがもっとも適しているのです。